So-net無料ブログ作成
前の3件 | -

流行語大賞 トリプルスリー [プロ野球]




スポンサーリンク


「2015ユーキャン新語・流行語大賞」が、発表されました。

大賞は「トリプルスリー」と、「爆買い」です。

プロ野球で

打率3割、30本塁打以上、30盗塁以上

これを達成することをトリプルスリーと言います。

トリプルスリー、今季のプロ野球で達成した選手

ソフトバンクの柳田選手とヤクルトの山田選手がいました。

プロ野球では65年ぶりにセリーグとパリーグから同時に達成者が

記録されるという一年を反映していますね。

トリプルスリーは、

プロ野球の選手の中で

走塁、長打力、打撃の確実性の全てで高い能力を持つ

選手の証とされています。

昨季まで日本では8人しか達成していない記録です。

過去に達成した選手です。

1950年 岩本義行(松竹) .319 39本 34盗塁

1950年 別当薫(毎日) .335 43本 34盗塁

1953年 中西太(西鉄) .314 36本 36盗塁

1983年 簑田浩二(阪急) .312 32本 35盗塁

1989年 秋山幸二(西武) .301 31本 31盗塁

1995年 野村謙二郎(広島) .315 32本 30盗塁

2000年 金本知憲(広島) .315 30本 30盗塁

2002年 松井稼頭央(西武) .332 36本 33盗塁

柳田選手は、打率.363、34本塁打、32盗塁の成績です。

柳田選手は史上初のトリプルスリーと首位打者を達成です。

出塁率.469、長打率.631、得点圏打率.413もリーグトップです。

チームのリーグ優勝、日本一連覇に大きく貢献していますね。

山田選手は、打率.329、38本塁打、34盗塁の成績です。

23歳での若さでトリプルスリー達成です。

過去に西鉄ライオンズ(現西武)時代の中西太さんが20歳で

トリプルスリー達成していました。

本塁打王と盗塁王の同時獲得は史上初の快挙だそうです。

今年の世相にトリプルスリーが選ばれましたが、

トリプルスリー達成の二人は、

来年以降もさらに成績を伸ばしていく期待が持てますね。

トリプルスリーという記録は、

流行語大賞に選ばれるように大記録といえますね。
タグ:流行語大賞
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

羽生選手世界最高得点にNHK杯 [羽生結弦]




スポンサーリンク


フィギュアスケートNHK杯

男子は圧巻の強さを羽生選手が見せてくれました。

前日のショートプログラム(SP)に続き、

フリーでも世界最高得点となる216・07点を記録し、

SPと合わせて322・40点で優勝です。

羽生選手のコメントです。

 「応援という大きな力をもらいました。

  このスコアは皆さんのおかげです。

  テレビを見ている皆さんもありがとうございます」

 「スコアはビックリしましたけど、

  これまで本当に血のにじむような練習をしてきたので、

  支えてくれた全ての人々に感謝したい」

 「フリーの前には本当に緊張していました。

  コーチと話すこともできなくて。

  この名古屋のリンクで…長野ですね、すいません興奮してます。

  五輪が行われたリンクだとプレッシャーをかけて、

  絶対王者なんだからと言い聞かせながらやってました」

 練習の成果が見事、結果を残しました。

演技終了とともに誰もが優勝間違いなしと思い、

夢の300点越え、いまだ誰も達成できなかった点数に

関心が行きました。

322.40点世界最高得点おめでとうございます。

フリーの点数も216・07点の世界最高得点です。

 「正直、興奮していてなんて言ったらいいか分かりません。

 ただ…、正直にうれしい。

 皆さんも凄く点数に驚かれたと思うし、

 自分も驚いている」

 冒頭に4回転サルコー、

 続いて4回転トーループ。

 基礎点が1・1倍になる演技後半には、4―3回転。

 最後の3回転ルッツ。

 「まだ演技が良かった実感が湧いていない。

  フワフワした感じ。

  一つ一つ自分の気持ちを込めて、

  自分の体を信じて演技した」

 演技の終わった瞬間をテレビで見ていました。

 20歳の羽生選手が全力で取り組んだ4分30秒と

 わかりました。

 
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

高知黒潮カントリークラブ 石川遼・石川航兄弟の二日目 [ゴルフ]




スポンサーリンク


<男子ゴルフ:カシオ・ワールド・オープン>

第2日高知・Kochi黒潮CC(7315ヤード、パー72)

賞金総額2億円(優勝4000万円)


石川遼(24)が通算11アンダーで単独首位です。

1打差2位から出て、7バーディー、ノーボギーの65のスコアです。

2日目にして、石川遼のエンジンが上がっていますね。

キャディー今回初の弟の航さんも、

すぐそばで兄の素晴らしいプレーを見て、

いい経験を積まれているように思います。

パターについて

「イメージ通り迷いなく打てている」

言っているように調子はいいようですね。

首位に立った石川遼のコメントです。

「パットのタッチはいいと思うけど、

そこまでいい内容ではない、まだまだ。

アイアンにはまだ不安はある。

大きなミスが出なくてよかった」

「常にエンジン的なものが回っていて、

それがつながってくれれば前に進める。

つながってくれるきっかけのようなものが、

初日の長いパットだったり、

リカバリーだったり…」。

ピンチをしのいで、2日間ノーボギーという快進撃に

粘りの技がさえていることも印象的です。

あと二日残しています。

アイアンの感覚を取り戻せば

独走状態に入りそうな雰囲気の石川遼です。

キャディーを初めてしている弟の航さんも

兄のプレーをそばで記憶にとどめ、

大舞台での優勝争いが貴重な経験になっているでしょう。



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
前の3件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。